インドア ボードゲーム

ボードゲーム紹介  海底探検

こんにちは!

 

今回も私が愛してやまないボードゲームの世界に皆さんを誘おうと思います。

今回紹介するのは「海底探検」です。

 

これは私がカタンの次にやったボードゲームでして、結構思い入れがあります。

インサイダーゲームと一緒でオインクさんの作品で、こちらも丁寧に作りこまれていて軽量級の傑作です。

 

 

 

 

 

 

 

基本情報

発売日2014年
製造元オインク
ジャンルすごろく
人数2-6人
プレイ時間15分

 

 

 

それではいつも通りルールは下記に記載するので、まずこのゲームの魅力をお伝えします!!

 

 

 

このゲームの魅力

 

コンポーネントや絵柄がかわいい。子供、カップル、家族、いろんな場面で見た目が評判です。

 

・かわいい見た目なのに結構えぐい展開になりがち(全員ゲームオーバー)。

 

・ボードゲーム慣れてない人とやるとボードゲームにはまってくれる良作。まず、これを皮切りに伝道していくのがおすすめ

 

・子供ともできます。6歳とやっても盛り上がりました。

 

 

 

 

 

ストーリー

 

みんなで海底探検。お宝取ったら酸素が減るよ。

強欲な奴は海に沈みます。

 

 

 

 

 

ルール

 

概要: ダイスを振って進んで、止まったマスの財宝を持ち帰る。

勝利条件: 3ターンやって、手持ちの点数が最も高い人が勝利

ターン終了条件: 酸素ゲージがなくなったらターン終了

 

 

準備:

 

・順番を決める。コマを決める。かわいい。

 

 

・財宝を一列に並べる。

 

 

 

※深いところにある、より多角形の財宝の方が点数が高い。

 

 

 

 

自分の手番:

 ① 財宝持っていたら財宝の個数分酸素ゲージ減らす(上記茶色●コマ)

 ② 進むか引くか宣言

 ③ ダイス振る

 

④ 出た合計分進む

 ※財宝を持っていたら「出目から所持している財宝の個数引いた数」進む。

  なので、財宝取りすぎると

   ・酸素減る 

   ・進みにくくなる

 

⑤ 止まったマスの財宝を取るか決める

 

 ※財宝取ったら●と交換。

 

 

 

楽しみ方・勝ち筋

 

・「ちょっと早いかな?」というタイミングでも戻った方がいい。強欲は天敵。

・「え?もう戻るの?早くない??」と言って煽りまくる。

3個財宝取ったら大抵戻れない。

・帰艦直前に財宝取って酸素の減りを早くする(ちょっとリスクあり)。

 

※これまでの他のボードゲームも私の個人的な観点で楽しみ方・勝ち筋を追記していこうかと思います。

 

 

 

 

プレイ感想などコメントいただけると嬉しいです!

今回は以上です。

今後もおすすめボードゲーム紹介していきます。よろしくお願いしますー!!

  • この記事を書いた人

yama77

長野県出身、東北在住。ここでは、物事の考え方、取り組み方、を皆さんと共有できればと思っております。

-インドア, ボードゲーム

© 2021 じっくりささっとブログ Powered by AFFINGER5