インドア ボードゲーム

ボードゲーム紹介 ito

こんにちは!

 

今回も私が愛してやまないボードゲームの世界に皆さんを誘おうと思います。

今回紹介するのは「ito」です。

 

 

これは私が最初に購入したボードゲームでして思い入れがあります。

みんなの「意図」を合わせるゲームです。ルールは超簡単。

今度紹介する予定のタイムボムをデザインした326(ナカムラミツル)さんがデザインしています。めっちゃかわいい。

 

 

 

 

※ちなみに、私がボードゲーム購入する際はYoutubeでverywellさんの動画参考にしています。

itoはverywellのメンバーがとても楽しそうにプレイしていたので買ってしまいました!verywellさんいつもありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本情報

発売日2019年
製造元アークライト
ジャンル意思疎通系
人数2-10人
プレイ時間30分

 

 

 

それではいつも通りルールは下記に記載するので、まずこのゲームの魅力をお伝えします!!

 

 

 

このゲームの魅力

 

カードの絵柄がかわいい。子供、カップル、家族、いろんな場面で見た目が評判です。

 

 

・ルールは超簡単。ただ、白熱して1時間くらいやってたりします。ただカード出すだけ。

 

「海底探検」と同様に、ボードゲーム慣れてない人とやるとボードゲームにはまってくれる良作。まず、これを皮切りに伝道していくのがおすすめ

 

・子供ともできます。6歳とやっても盛り上がりました。カード折られたけども(*´Д`)

 

 

 

 

 

ストーリー

 プレイヤーは盗賊団「クモ」の一団。

 ある日罠にかかって穴に落ちてしまいました。

 「クモノイト」を一人ずつ登って行って脱出しよう!!

 

 

 

 

 

ルール

概要: 手持ちのカードを数字の順に順番に出していく協力ゲーム。

ただし、自分の手持ちのカードの「数字」を口に出してはいけない。

出されたお題に対して「それぞれの価値観」で数字を表現する(下記参照)。

 

勝利条件: 3ターンやって、全員の手持ちのカードを出し切ったら勝利

 

敗北条件: 数字を順番通り出せなかったら負け(3回まで)

 

 

 

 

準備:

 

・場をスタンバイ。

 

 

ライフカード(3回ミスったら敗北)

 

 

 

 

・手札を配る

1回目は1枚、2回目は2枚、3回目は3枚ずつ。

1~100までカードがあります。それぞれ絵が違う!かわいい!

 

 

 

・お題を決める

お題の山札からカードを引いて決める。

最初はメンバー見て決めていいかと思います。

例えば、子供がいる場合は右下の「便利なもの」等をお題に選ぶといいかも。

 

 

 

 

 

進行:

 

順番に手札を出していく。

数字は口に出してはいけない。

テーマに沿ったモノ・コトで数字を表現してカードを順番に出していく。

 

 

 

例: テーマが「強そうな動物」のとき

「私はライオンくらいかなー」 (80~90くらい?)

「僕はネズミ」 (10くらい?)

「俺は馬かな」 (40くらい??)

 

 

 

場に「数字が小さいと思われる順」でカードを出していく。

 

 

下記のように順番通りに出せればクリア(40→65→88)。

 

 

カードの枚数を増やしながら3ターン実施し、クリアできたら勝利。

 

 

 

 

 

楽しみ方・勝ち筋

・はじめましての人とプレイすると盛り上がる。

価値観を否定しちゃダメ!笑

・特に勝ち筋は考えずにワイワイやればいいと思います。やればやるほど価値観合ってきます。 

 

 

※これまでの他のボードゲームも私の個人的な観点で楽しみ方・勝ち筋を追記していこうかと思います。

 

 

 

 

プレイ感想などコメントいただけると嬉しいです!

今回は以上です。

 

 

 

 

今後もおすすめボードゲーム紹介していきます。よろしくお願いしますー!!

  • この記事を書いた人

yama77

長野県出身、東北在住。ここでは、物事の考え方、取り組み方、を皆さんと共有できればと思っております。

-インドア, ボードゲーム

© 2021 じっくりささっとブログ Powered by AFFINGER5