海外旅行

旅行先紹介 ボリビア・ウユニ塩湖 (特に学生時代におすすめ)

こんにちは。

 

今回は、「国内外で感動できる旅行先」ということで初めての旅行の記事書きました。

おすすめ旅行先に関しては好きなことしか書きません。

これが誰かのためになってくれたら幸いです。

 

正直、ウユニ塩湖はいろんな意味で行くのがきついです。

しかも、行ったからと言ってきれいな景色見れるかは保証できません。

それでも、私はぜひ行ってみてほしいと考えております。一見の価値あり!!

 

 

(参考)筆者プロフィール

国内外いろんなきれいな景色を見ています。30か国ほど旅行経験あり。

その中でもおすすめの旅行先を紹介していきます。

 

 

目的

 

ウユニ塩湖の魅力をお伝えする。

 

 

対象

 

 

・ウユニ塩湖行くかどうか迷っている方

・ちょっとつらい思いしてもいいから感動してみたい方 

・ウユニ塩湖って奇麗って聞くけど実際どうなの?って方

 

極力不便を排除してきれいな景色を見たい、という人にはあまりお勧めできないです。

というのも、結構いろんなハードル超えないと奇麗な景色見れません。

一方で、やっぱり人が感動するには「努力ポイント」は欠かせない要素だと思っています。

考え方等は読んでみてもらっていいと思うので読んでください。

 

 

 

 

 

努力ポイントとは?

 

 

まず初めに、私が普段よく言っていることなんですが、

感動って次の式が成り立つんではないかと思っています。

感動 = その場所・モノ自体が持つポテンシャル + その人の努力・辛かったポイント

 

クソみたいな景色でも、その人がその人なりに努力したりつらい思いした後の景色っていいもんだったりしますよね。

旅行でも仕事でもプライベートでもなんでも。

 

それが自分の大切な感動でも、他の人には何でもない体験だったりするっていうのは、

その「努力・辛かったポイント」が個々人で異なるからだと思ってます。

 

 

 

 

で、今回は初回ということで、

 

・これまで国内外旅行しまくった中で厳選

・ある程度感動できるポテンシャルがある

・そこに行くだけで上記の努力ポイントが勝手に溜まる

・それなりに誰でもが感動できる

 

「学生時代に行くウユニ塩湖」を選びました(別の機会に別の場所を紹介します)。

 

 

 

そもそもウユニ塩湖って何?

 

 

読んで字のごとく、「塩の湖」です。

下が完全に塩でできています。

ですので、単純に塩だけだと「鏡のような景色」は見ることはできません。

ポイントは、薄く水が張っている状態、です。

ですので、直前に雨が降っていて水が張って天候がいいとキレイに見えます。

 

 

 

 

 

 

 

また他の特徴としては、標高4000m程度ありますので非常に寒いですし乾燥しています。

高山病のリスクもありますので万全の体調で臨むことをお勧めします。

 

 

 

ちなみに、最寄りのウユニ村はマジで何にもありません。

本当にウユニツアーしかやることありません。

タイミングよくいい天候に恵まれたら滞在日程は1日もあれば十分です。

私は朝昼晩のウユニ塩湖を乗り合いジープで堪能したら、さっさと退散しました。

(おそらくウユニエリアの滞在時間は24時間もなかったかと)

とはいえ、天候リスクを考えて数日は見ておいた方が良いでしょう。運次第。

 

 

 

 

 

おすすめポイント

 

元々のポテンシャルだけでもトップレベルと断言できます。

 

文句なしで奇麗

 

 

本当に空が鏡みたいに映っています。

 

 

 

 

 

 

 

日中・夕方・夜~明け方、とすべての時間で別の表情を楽しめる。

 

全ての時間でいろんな表情を見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

努力ポイントが勝手に加算されるところ(きついところ)

 

 

元々のポテンシャルに加えて、上記のハードルという努力ポイントが勝手に加算されて感動できます。

(ポジティブに言いましたが、端的に言うときついポイント)

 

距離

 

移動時間だけで片道30時間。

さらに、ボリビアは首都が4000mに位置しているので

高山病みたいな状態になって一日中寝てたりして時間が消し飛びます。

 

 

天気

 

 

奇麗な景色を見るためには結構厳しめな条件クリアしないと見れません。

 

・直前に雨が降っていること(雨季、1~3月がベスト)

・見に行くときは晴天(だけどちょっと雲がかかっていると奇麗)

・新月(夜は月あかり邪魔だから)

 

※私はめちゃくちゃ運よく「新月+天候最高」の時に行けましたが、

一週間嵐で何も見られなかったとか、水張ってなくてあんまりきれいじゃなかった、なんて話はよく聞きます。

 

 

金銭面

 

「航空券だけで20万以上かかるわー。しかも、せっかく行くならペルーも合わせて1か月くらい行きたいし。

ちゃんとした宿泊まったりしながら行くとなると+αかかってきて…学生で行くとなるとバイト頑張らなきゃ…あ、努力ポイントめっちゃたまったやん!!

 

ってなります。

 

 

期間

 

ウユニ塩湖のみに絞っても概算で一週間程度かかります。それでもキツキツ。

社会人でこの日数捻出するのはきついかと。

学生でもバイトだったりゼミ、授業を考えると厳しい。

 

日本→ボリビア首都ラパス: 2日

ラパス→ウユニ: 半日

ウユニ観光: 1日(天気のこともあるので3日くらい余裕見たいところ。ウユニ近郊はなんもなさ過ぎて暇だけど。)

ウユニ→ラパス: 半日

ラパス→日本: 2日

時差調整: 1日

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

いかがでしたか?

いろいろつらい思いしていくことになりますが数年たった今でも行ってよかったと思います。

行くか迷っている方、ぜひとも少し無理してでも検討してみてください。

 

 

 

 

万が一行けなかったらこんなのもあります。

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました!

モチベーション上げてもらえれば幸いです。

また、旅行先紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

yama77

長野県出身、東北在住。ここでは、物事の考え方、取り組み方、を皆さんと共有できればと思っております。

-海外旅行

© 2021 じっくりささっとブログ Powered by AFFINGER5