アウトドア 海外旅行 登山 自転車

おすすめ旅行先紹介 ボリビア(ウユニ以外中心で)

 

こんにちは!

今回はおすすめ旅行先紹介ということで「ボリビア」を紹介します。

 

しかも、今回はウユニ塩湖以外に注目して紹介します。ウユニ以外も相当楽しめるところあるのでぜひ見てみてください。

※ウユニに関してはこちらのページ

おすすめ旅行先紹介 「学生時代に行くウユニ塩湖編」

 

 

 

対象

 

 

 

 

 

・ウユニ目的でボリビア旅行に興味ある人

・登山好きな人

・南米行ってみたい人

 

基本的にボリビアといえばウユニ塩湖ですが、

標高高いので登山もおすすめです。

というのも首都にいる時点ですでに4000m超えているので、

ちょっと行けば5000m以上の山がゴロゴロあります笑

 

また、比較的南米の中でも治安が良い方なので、

南米に興味ある方はここから始めてもいいかと。

 

 

 

 

 

ボリビアはどんな国?

 

南米の中央に位置し人口1,135万人で日本の約10分の1の比較的小さな国です。

主な産業は天然ガス、鉱業、農業、観光業です。農業ってイメージないな。

とにかく、皆さんがよく知っている「ウユニ塩湖」がある国。

言語はほぼスペイン語で、主要な宗教はカトリックのキリスト教です。

 

 

 

特筆すべき点としては、標高がめちゃくちゃ高い!

 

首都ラパスの標高が4000m以上あり、飛行機で到着後は何らかの異常をきたします笑

しかも、ラパスは谷間に主要な通りがあって、山沿い張り付くようにゲストハウスなどがあります。

 

少し外出るだけで坂道を何度も往復することになり常にハァハァ状態。笑

 

 

 

 

 

おすすめポイント

ウユニ塩湖

おすすめ旅行先紹介 「学生時代に行くウユニ塩湖編」

 

 

 

 

 

 

 

 

デスロード

 

首都ラパスで申し込めるツアーは大きく4つです(ウユニ、ワイナポトシ、デスロード、アマゾン)。

 

そのうち、このデスロードは標高4000mから1000mまで一気に自転車で下るアクティビティです。

結構危険。落ちちゃう人もいるらしい。ホントか知らないですが。

おそらく、危なくて日本のツアーってないんじゃないかな…。

 

 

ラパスのツアー会社が並んでいる地域に突っ込んで、

各社のサービス、価格を比べて選びます。

ちなみに私は「ワイナポトシとセットで頼むから安くして」って言ってまけてもらいました。

 

 

 

 

車で移動します。外はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 

危ないので最初にちゃんと説明を受けます。

 

 

 

 

 

 

最初の方は下のような舗装された道を走ります。

 

多分普通に40㎞/h以上出しながら滑走してます笑

 

 

 

 

途中で舗装されていない旧道に入ります。ここからが本番。

崖の真横を走り抜けていきます。

 

 

 

 

 

 

途中でこんな感じの写真も撮れます。

一緒に走ったのはコロンビアの女性とドイツの男性。

ドイツ人の彼とはこのコースを全力で競争してました。今思えば結構危ない。。。

 

 

最後にプールに入って終了。

 

 

 

ちょっと危ないですが、おすすめのアクティビティです。

大体半日くらいで終わります。

値段もリーズナブルなのでウユニの前哨戦でいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

ワイナポトシ

 

こちらは6000m超のワイナポトシという山を登るツアーです。

日程は一泊二日~何日か選べます。

一泊二日からチャレンジできますが、正直日数かけて高度順応したうえで挑むことをお勧めします。

 

 

 

というのも、私は登頂できませんでした。。。

 

 

 

 

まず、ツアー会社にて準備をします。

パーティは大体10人くらいでガイドが何人か付きます。

この人たちは本当にタフで、5000m以上のところでダウンした私をしばらくひきずって登って行きました笑

やっぱり、普段から4000m超のところで生活している人間は体のつくりが違う。。。。

 

で、車で移動して最初のキャンプ地に行きます。

 

 

 

 

その後、次のキャンプ地を目指してしばらく登ります。

 

 

で、到着したら食事と休息を取ります。

ここでいろんな国の方々と一緒に食事をとりました。

 

 

食事を終えたら休息してスタートです。

ちなみに下は完全に雪。

で、クレバス(雪の穴みたいなやつ)に落ちても助けられるようにロープを持ちながら登っていきます。

結構ガチ。

 

 

 

で、写真はここまでです。ごめんなさい。

 

私は2時間くらい歩いたところでダウンし、

少しも動けなくなってしまいました。

 

 

 

 

 

結構荘厳な景色が見れるのでこのツアーもおすすめです。

一緒に登り始めた10人のうち、登頂できたのは半分くらいだったみたいですね。

 

 

 

本当にもう一回リベンジしたい…!!!!!

あぁ、今思い出しても悔しい。。。。

 

 

アマゾンツアー

 

アマゾンツアーも首都ラパスで申し込んで大体三泊四日くらいで行けるようです。

時間の関係で行けなかったので、行ったことある人は教えてほしいです。

 

行った方の話によると、

 

・ピンクイルカと一緒に泳げる。

・変な動物にたくさん会える。

 

 

とのことです。

これもおすすめ。

 

 

 

地元のサッカー

 

 

地元のサッカーチームに混ざってサッカーをやるのもおすすめです。

 

首都ラパスには下記のようにサッカーコートやフットサルコートがたくさんあります。

 

 

お勧めしましたが、サッカーに混ざるのは結構難易度高いのです。

2日くらい通ってお願いしたら出してくれました笑

 

 

やってる人たちは若者やおじさんでぱっと見レベル高そうに見えませんが、

スキル高い上に高度順応しているので相当やります。

さすが南米。

 

 

いいプレーするとかなりほめてきますけど、

ミスするとビビるくらい罵声浴びせられます笑

 

 

 

ということで、それなりにサッカー経験あってスペイン語で罵声浴びせられても耐えられる方はチャレンジしてみてください!!

ちなみに、どんなにうまい人でも4000mでサッカーするのでそれなりにポンコツになるので注意です笑

 

 

 

 

 

 

 

ペルーとセットで行ける

 

少し足を延ばせばペルーのマチュピチュやナスカの地上絵とセットで行けます。

南米は行くだけでも1.5日かかるため、なるべくペルーとボリビアをセットにしていくことをお勧めします。

※ペルーも別途記事書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を付けるポイント

 

・移動時間が長い。

 

何回か上でも触れましたが、ボリビアに行くのはかなり時間がかかります。

私の場合は二回乗り継ぎで合計25時間程度かかりました…

 

 

 

・言語

 

ボリビアはスペイン語圏です。

そのため、英語が堪能な方でもそれなりに苦戦します。

 

 

 

 

 

・治安

治安は南米の中ではよい方と言われていますが、

それでも強盗にあうなどの被害を聞いたことがあります。

(後ろからワイヤーで首を絞める、など)

 

油断せずに危険な場所にはいかないようにしましょう。

 

 

 

・標高

標高が高いので体調を崩します。

崩したら無理して行動せずにおとなしくしましょう。

 

そのためには日程に余裕持つこと!!

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しみ方

 

上記にほとんど書きましたが、改めてボリビア旅行を楽しむ方法は下記です。

とにかく標高が高かったり移動時間が長いので体調第一で余裕を持った日程で旅行することをお勧めします。

 

 

・高山病では無理しない

高山病対策にコカ茶を飲むこと

 

 

・日程はキツキツにしない

 

・ウユニだけにこだわらない

 

・ペルーも一緒に行く

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ボリビアはウユニ塩湖以外にもアクティビティたくさんあるので、

現地のツアー会社に突っ込んでいっていろいろ探すのも一興だと思います。

 

ぜひ、ボリビアに行って楽しんでください!!

 

 

 

 

 

 

以上です。

 

お読みいただきありがとうございました!!

 

 

 

  • この記事を書いた人

yama77

長野県出身、東北在住。ここでは、物事の考え方、取り組み方、を皆さんと共有できればと思っております。

-アウトドア, 海外旅行, 登山, 自転車

© 2021 じっくりささっとブログ Powered by AFFINGER5