アウトドア キャンプ

キャンプのはじめ方

こんにちは!

 

本日はキャンプの始め方、についてお伝えしたいと思います。

おそらく、ハードル高いと考えて踏み出せない方がいらっしゃるかと思いますが、最低限の道具揃えてとにかく飛び込んでみるのが一番です。

 

ちなみに私は独身時代暇があればソロキャンプに行き、
スキあらば大人数のキャンプも企画するキャンプ好きです!

 

対象: ソロ、または二人程度で初めてキャンプに挑戦する方

・キャンプの導入

 ①キャンプ好きに連れて行ってもらう。
 ↓
 ②キャンプの流れ、キャンパーが使っている道具を観察する
 ↓
 ③最低限の道具を安く揃える。※最低限リストは下記で説明します。かなり安く揃います。
 +これぞと思うお気に入りの道具を一個買う(これ重要!)
 ↓
 ④自力でキャンプやってみる
 ↓
 ⑤足りないもの、ほしいもの、買い替えたいもの出てくる。
 ↓
 ⑥少しずつ(年単位かけて)揃えていく。

いきなり③からでも良いです。
私は周りにキャンプ好きがいなかったのと学生でお金がなかったので、
Amazon等で安い装備見繕ってやってみました。

 

全部高価なギアを揃えるとなるとそれこそ数十万円単位でかかってきますが、
最低限で揃えるだけなら2万円かかりません。
実際、機能的には全く問題ないです。

 

 

・最初に揃えたほうがいいもの

私が以前使っていたものと同等スペックのものとスペックを検討して下記見繕ってみました。参考にしてください。

テント 

 

グランドシート


マット

 

寝袋


タープ


イス


コンロ 


ヘッドライト

 

小型LEDランタン 


※その他食器、調理道具、掃除用品は家から持っていく

   

(+αで初回に買うなら…)

焚き火台(これはおすすめ。10年くらい使ってます。)

  


おしゃれなアウトドアウェア(マムート好きなので…)

  

 

(将来的に揃えたいもの)

 
ガスランタン
ダッチオーブン
クーラーボックス
などなど

 

・キャンプ場の予約

最近はキャンプ場がかなり混んでます。
ですので予約は1ヶ月前からすることをおすすめします。
また、場所ですが最初はできれば近場にしたほうが良いかと思います。片付け等でバタバタする可能性があるので。

キャンプ予約サイト なっぷ

 

※穴場情報

https://shidarekuri.com/camp/

関東甲信越の方でキャンプ場が予約できなくてお困りの方は、しだれぐりキャンプ場(長野県塩尻市)がめちゃくちゃ穴場でおすすめです。
市営なのでキャンプ情報サイトに載ってないため繁忙期でも混んでたことがありませんし、
設備も整っています。
薪は買わなくても腐るほどそこらへんに落ちてます笑
予約状況は電話で確認してみてください。

 

・初めてのキャンプの流れ

1日目

集合

買い出し ← 最初は鍋、シチューがおすすめ。マシュマロも買っておこう。

到着

受付

配置決め ← テント(寝室)、タープ(リビング)の場所を決める。テントは平で芝の上などが良い。

テント、タープ設営 ← 初めてだとめちゃくちゃ苦戦するので早めに手を付ける

(ビール)

夕食準備、焚き火開始

就寝 ← 大体21時くらいには消灯のところが多い。

2日目

起床

朝食、コーヒー

片付け ← 片付けは早めに。最初は2時間くらい見ておこう。

出発

温泉 ← 必須!事前にチェックしておきましょう。精算もこのタイミングで。

解散

 

 

・注意事項

 ・ゴミは施設のルールに絶対に従いましょう。
 ・焚き火は必ず焚き火台を使うこと
 
 
 
以上、何かわからないことあればコメントで聞いてください。

気が付いたことあれば追記していきます。

また、次回以降おすすめキャンプ上の情報もちょこちょこ更新していく予定です。

お読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

yama77

長野県出身、東北在住。ここでは、物事の考え方、取り組み方、を皆さんと共有できればと思っております。

-アウトドア, キャンプ
-,

© 2021 じっくりささっとブログ Powered by AFFINGER5