海外旅行 英会話 資格

英会話教室の選び方、通い方

こんにちは!

本日は「英会話教室の選び方」を紹介したいと思います!

 

私はシェーン英会話教室に継続して通うことで英語力が向上し、英語を仕事でつかえるようになったとともにプライベートでも言葉の垣根を越えて楽しめることが増えました。

 

今はオンライン英会話やコーチング型の英会話なども増えてきて、

どの形で英会話を学ぶべきか迷っている方も多いかと思います。

 

様々な選択肢を検討して「通学型英会話」の「シェーン」を選び、

「よかった」と思えている立場から下記の疑問に答えていきたいと思います。

シェーン英会話の説明はこちら 

 

 

・どうして通学型にしたのか?通学型に向いている人は?

・どうやって教室を選んだか?シェーンの特徴は?

・毎週、どのように授業に取り組んでいるか?

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

・どうして通学型にしたのか?通学型に向いている人は?

まず下記のような人は通学型に向いてますし確実に伸びます。

 ・一人の担当の先生が付いてくれる方が継続できる。

 ・あまり価格にこだわらない。

 ・長期的に英語に付き合っていくつもり。英語を楽しみたい。

 ・事前に宿題+αの準備ができる ← これ超重要!!

 

逆に、下記のような人は通学型には向いていないかもしれません。

 ・単位時間当たりの金額が気になる。費用が最優先。

 ・先生は誰でもいい。英会話ができれば問題ない。

 ・短時間で結果を出したい。

 ・宿題、事前準備はできない。

 ・英語を「義務」として考えている。

 

まず、大前提として英会話教室に行く日は「練習試合」というつもりで、平日に「準備、練習」したことを発揮するつもりで行くべきです。

何も準備をせずに50分程度の英会話を週一やるだけで英会話ができるようにはなりません。

しっかりと一人の先生と向き合って、毎回しっかりと事前準備を行って臨まなければはっきり言って通学型はコスパは悪いです。逆におすすめしません。

一方で、オンライン型と比較すると緊張感はありますし対面で話すことでリアルなコミュニケーションの力が付きます。

 

 

・どうやって教室を選んだか?シェーンの特徴は?

教室を選ぶ際に私は各教室の無料体験に片っ端から参加しました。

その中で、「自分が無理なく継続できる」ということを最優先事項に教室を見ました。

通学型は継続が大事です。短期間では結果は出にくいです。

そういった中で、シェーン英会話は下記のような特徴を持っており非常に魅力的に映りました。

 

・先生の質、相性

結局ここが一番大事です。私は体験の時に担当してもらった先生が非常に相性がよく、リラックスしながらも自ら話すことができました。

3年目の今でのその先生のクラスを受けています。

また、都合が合わずに別の先生の授業を何度か受けたことがありますが、どの先生も質が高かった印象があります。

ある一定の研修をクリアしないといけないらしく、そのおかげで先生のクオリティが高いのかもしれません。

 

・受付の方が柔和

他の英会話教室に比べて受付の方からのプレッシャーが少ないです。

教室選びの時も営業行為は全くと言っていいほどありませんでしたが、私は逆にそういった雰囲気の方が通いやすいと感じました。

 

・イギリス英語

シェーンは英会話教室にしては珍しく、イギリス英語を教えてくれます。

これは個人的な趣味でイギリス英語の方が良かったので私としてはプラスポイントでした。

 

・月謝制、授業振り替え可能

継続するという観点では月謝制の方が良いです。

数か月分一気に払ってあまり行かずにそのまま退会、という話はよく聞きます。

私は長期の出張等やプライベートな用事で休むことがありますが、

月謝制、振り替えがあることで無理なく継続できています。

 

・主要駅にある

通い続けるためには立地もかなり重要です。人間、無理すると続きません。

シェーンは主要駅にはあるので通いやすい方かと思います。

私が通っている教室も最寄り駅にあるため、自転車でちょこっといけば通える距離にあります。 

 

 

・毎週、どのように授業に取り組んでいるか?

私は毎週下記の準備をしています。これくらい準備をして臨むことを毎週継続しているとどんどん力がついていると実感できます。

 

・宿題

 これは最低限やりましょう。

 

・フリートークの内容

 私の場合、授業の最初の20分くらいはフリートークをします。

 その際に、少し難易度が高かったり、抽象的な話題で会話します。

 (天気や食事の話題ではなく、教育、宗教、政治の話など)

 今ではフリートークの事前準備が一番大変な作業です。

 

・テキストの予習

 テキストの予習をかなりしっかり目に行います。なんなら授業やらなくてもいいくらいに仕上げていきます。

 左記にそこまで仕上げることで定着度が上がるとともに、+αの質問等ができます。

 

 

以上が「英会話教室の選び方、通い方」だと思います。

シェーン英会話はおすすめなので英会話をライフワークとするならぜひ検討してみてください。

 

 

 

以上、お読みいただきありがとうございました!!

もし、英会話の勉強方法などで情報共有できそうであればコメント欄にお願いします!!

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

yama77

長野県出身、東北在住。ここでは、物事の考え方、取り組み方、を皆さんと共有できればと思っております。

-海外旅行, 英会話, 資格
-, ,

© 2021 じっくりささっとブログ Powered by AFFINGER5