インドア ボードゲーム

ボードゲーム紹介  キャプテン・リノ

こんにちは!

 

今回も私が愛してやまないボードゲームの世界に皆さんを誘おうと思います。

今回紹介するのは「キャプテン・リノ」です。

 

   

これは私が比較的紹介しているボードゲーム達とは一線を画し、子供向けのボードゲームです。

ですが、大人でも最初の肩慣らしや、カタンやドミニオン、クリプティッドのような中量級の間に挟むゲームとしてもおすすめです。

大人同士でやっても盛り上がります。

リノが正直クソ邪魔。かわいいけど。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

基本情報

発売日2010年
製造元HABA
発売元すごろくや
ジャンルアクション、積み重ね
人数2-5人
プレイ時間15分

 

 

なぜか99歳以上は対象年齢外。

 

ただ、製造元のHABAはとても深く考えらえれた子供向けゲームを作っているので、この「5-99歳」というのにも何らかの意味があるのではないかと勘繰ってしまいます。

 

 

それくらいこのHABAというメーカーは非常にいいゲームを作ります。

少なくとも私はHABAで子育てしていこうと考えています笑

 

それではいつも通りルールは下記に記載するので、まずこのゲームの魅力をお伝えします!!

 

 

 

このゲームの魅力

 

単純にコンポーネントや絵柄がかわいい。子供、カップル、家族、いろんな場面で見た目が評判です。唯一、野郎だけでプレイするのは向いてないかも笑

  

・子供の知育の観点で非常によくできている。やることは単純だが、ルールを理解して手を動かして特殊カードのルールを理解して実行して勝ちにつなげていく、というのは小学校低学年くらいまでのお子さんにはいい刺激になると思います。HABAさんありがとう。

   

・子供向けと侮るなかれ、大人も白熱できる仕掛けがあります。やはりアクション系は白熱しますね。しかも、リノの重量が絶妙。微妙に重い!!

 

ストーリー

街のヒーローであるキャプテンリノがパトロールのためにビルに登っています。

なるべくビルを高く積み上げてキャプテンリノに協力しましょう。

といった内容。

(実際はビル倒壊の張本人がリノになりがち) 

 

 

ルール

 

 

 

概要: カードを上記写真のように積み上げていく

勝利条件: ゲーム終了時に手札が最も少ない人が勝利

ゲーム終了: 誰かの手札がなくなる or 積み上げていたビルが倒壊(倒壊させた人は最下位)

 

準備:

・順番を決める。

一番最近屋根に上がった人から開始。そんな奴そもそもいるのか?

 

・リノを待機させる。

 

 

・ビルの基礎を置く。下のL字のマークに沿って壁カードを置いていく。ちなみに基礎には通常版と上級者版がある。

 

通常版(壁カード二枚から始まる)

 

上級者版(壁カード一枚から始まるので難しい)

  

壁カード(折って使います)

 

 

 

・屋根カードを手札としてランダムに5枚ずつ配る。これをなくしていくゲーム。屋根カードには通常カードと下記の5種類の特殊種類のカードがある。

 

※特殊カード

・スキップ: 次の手番の人を飛ばす

・逆回り: 建設順を逆回りにする

・+1カード: 次の手番の人は山札から屋根カードを引く

・×2カード: 自分の手番にこのカードと併せてもう一枚屋根カードを重ねることができる。

・リノカード: リノを指定の場所に載せる。すでにどこかに載っている場合はそこからリノを移す。

 

 

進行:

順番に壁カードと屋根カードを置いていく。

進んでいくとこんな感じになります。

 

 

 

 

楽しみ方・勝ち筋

・キャプテンリノに勝ち筋も何もないかもしれませんが、上まで積み重なるまでリノカードはとっておいて、最後のとどめで使うのがいいかもしれません。盛り上がること間違いなし。

※これまでの他のボードゲームも私の個人的な観点で楽しみ方・勝ち筋を追記していこうかと思います。

 

 

その他

・巨大版があります。3mくらいまで行くらしいので、キャンプで子供とやったりしたら楽しそう!今度試してみよう。。

 

 

 

プレイ感想などコメントいただけると嬉しいです!

今回は以上です。

今後もおすすめボードゲーム紹介していきます。よろしくお願いしますー!!

  • この記事を書いた人

yama77

長野県出身、東北在住。ここでは、物事の考え方、取り組み方、を皆さんと共有できればと思っております。

-インドア, ボードゲーム

© 2021 じっくりささっとブログ Powered by AFFINGER5