インドア ボードゲーム

ボードゲーム紹介 タイムボム

こんにちは!

今回も私が愛してやまないボードゲームの世界に皆さんを誘おうと思います。

今回紹介するのは「タイムボム」です。

 

これは…まじでおすすめです。笑

4人でいつもやっていますが、一日中できます。めちゃくちゃ笑う。

正体隠匿系ですが、そんなに推理しても無駄なので誰でもできます。

相当やりこんでますが、未だに勝ち筋わかりません笑

 

 

前回紹介した「ito」をデザインした326(ナカムラミツル)さんがイラストをデザインしています。めっちゃかわいい。

 

 

 

基本情報

 

 

 

 

発売日2017年
製造元アークライト
ジャンル正体隠匿系
人数2-8人
プレイ時間30分

それではいつも通りルールは下記に記載するので、まずこのゲームの魅力をお伝えします!!

 

 

 

このゲームの魅力

 

・カードの絵柄がかわいい。子供、カップル、家族、いろんな場面で見た目が評判です。

 

・ルールは正体隠匿系をひねった感じ。正直、推理できないと思います。なので、ボードゲーム初挑戦の方とやっても楽しめるかと。

 

・勝ったときの「やってやったぜ」感が気持ちいい。

 

 

ストーリー

 

時空警察 ⇒ タイムボム爆発を防ぐ

ボマー団 ⇒ タイムボムを爆発させたい

両者の仁義なき戦い。

 

 

 

ルール

 

概要: 

 

時空警察側は「解除カード」を引くことでタイムボムの起爆装置を解除していく。

ボマー団側は「Boomカード」を引くことでタイムボムを爆発させる。

 

 

勝利条件: 

 

時空警察側 

 ・解除カードを全て引く。

 

ボマー団側 

 ・ゲーム終了時までにBoomカードを引く。

 ・ゲーム終了時までに解除カードを全て引かせない。

 

 

 

準備:

 

・役割を決める。

役割カードの中から時空警察とボマー団をカードを裏向きのまま選びます。

 

※ほかのプレイヤーには自分の正体は隠します。

※プレイ人数により時空警察とボマー団の数が変わります。

 

 

 

 

・手札を配って下記のように場をスタンバイ(下記は3人プレイ)。

 

 

 

 

自分の手札(手前)を裏返すとこんな感じ。

左側に「Boomカード」、左から二番目に「解除カード」、残りは「しーんカード」(何も起こらないカード)

 

 

 

起爆トークン(全て解除できたら時空警察側が勝利)

 

 

解除したら左のように起爆トークンを裏返す。

 

 

 

 

 

進行:

 

 

 

・最も最近ペンチを持った人からカードを選ぶ

 

手番の人は、自分以外の手札の一枚をペンチで選んでめくる。

 

 

 

 

解除カードだったら、起爆トークンを裏返す。

 

 

Boomカードだったらその場でボマー団勝利!

 

 

手札がめくられたプレイヤーが次のペンチ保有権を持つ。

⇒ 人数分だけカードを選択していく。

 

 

・そのターンで「解除」か「しーん」しか出なければ次のターンに行く。

 

 

 

・一度カードを回収して、もう一度全員に配りなおす。

 (前ターンで選択されたカードは除外する)

 

 

 

・ある一定ターン終了したらゲーム終了(プレイ人数によって変わる)。

終了するまでに解除カードを全て引かなければ時空警察側は敗北する。

 

 

 

 

楽しみ方・勝ち筋

 

・毎ターン、Boomカードと解除カードの場所が変わるので読み切れない。

⇒ とにかく、誰がボマーか時空警察か観察する。(ただ、判別方法はいまだにわからない。。笑)

 

・前、前々回の発言や動きなども覚えておく。

 

 

※これまでの他のボードゲームも私の個人的な観点で楽しみ方・勝ち筋を追記していこうかと思います。

 

 

 

 

少し進行の説明がややこしくなりましたが、

説明書読めば難なくできると思います。

 

とても盛り上がるので、ぜひボドゲ会の最初などにやってみてください!!

 

 

 

 

プレイ感想などコメントいただけると嬉しいです!

今回は以上です。

 

 

 

 

 

今後もおすすめボードゲーム紹介していきます。よろしくお願いしますー!!

  • この記事を書いた人

yama77

長野県出身、東北在住。ここでは、物事の考え方、取り組み方、を皆さんと共有できればと思っております。

-インドア, ボードゲーム

© 2021 じっくりささっとブログ Powered by AFFINGER5